読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き虫てんぐの3倍パンチ

誰のことも傷つけない透明人間になりたい

終わりのはじまり

 

風の生まれる場所を探して

虹の足元を探して

うろうろと放浪していたら

古い図書館に辿り着きました。

そこにはたくさんの本があって

僕はそこで世界の秘密を知りました。

 

本当はそこで知ったことを

早くみんなに知らせる必要があったけど

僕は世界のことなんてどうでもよくて

何よりここから動くのが億劫で

ただひたすらに本を読んで過ごしました。

 

無音の世界、紙をめくる乾いた音。

太陽に反射してきらきら舞う埃。

時間を重ねたカビのにおい。

 

世界の秘密を知ってしまった以上

僕はもう死ぬことさえ

許されなくなってしまいましたが、

ずっとここに居られるのであれば

それでもいいとさえ思っていました。

世界が更なる秘密を作ろうとしている

そのことを知るまでは。

 

このまま暖かい日差しに抱かれ

言葉の記録に愛撫されながら

潰れてしまった両目と共に

穏やかな時間を過ごしたかったけど、

行かなきゃね。

 

せめて君にだけは。

伝えないといけない言葉があるよ。

 

 

広告を非表示にする

地震のこと

 

熊本地震が発生した一年前、

私はたまたま熊本市内にいました。

熊本には彼の実家があります。

 

二度の大きな地震は本当に怖かった。

特に二度目の本震と呼ばれる地震

恐怖と言うより絶望に近かった。

今でもニュースなんかで地震を観ると

心がぐらぐらと揺れます。

 

という訳で地震の話。

 

ほんとはこのブログでこんなこと

書きたくなんてなかったけど、

朝から色々あって感情が乱れてしまい

書かずにはおれず今に至ります。

 

書きたいことがある訳ではなく

書かずにはいられないだけなので、

順番気にせず思い付いたことから

書いていくことにします。

特に伝えたいことがある訳でもないです。

どんな地震だったかとかそんなのは

私なんかのへっぽこブログよりも

もっと正確なものを読んでください。

私は私の小さな体験談を書きます。

 

地震関連はちょっと…

って方は出来れば読まないでほしい。

フォロワーさんもチャレフレさんも

気を使ってくれなくていいからね。

 

 

 

熊本地震で真っ先に思い出すのは

彼のお母さんの涙です。

 

水を貰うために二人で並んでるとき

お母さんが急に

ごめんね、ごめんなさい。

って泣き崩れてしまいました。

お母さんが悪いわけじゃないのに。

いっつもにこにこ笑ってくれる

本当に優しいお母さんが、

せっかく来てくれたのに

ごめんなさいごめんなさい。って。

 

私もぼろぼろ泣いてしまった…。

今になって思うとそれくらいみんな

メンタルやられてたんだと思います。

その時の涙はいまだにふと頭を過ります。

 

後で聞いた話だけど

阿蘇水前寺公園などの観光地や

美味しい名物のお店とか

色んな計画たててくれてたみたい。

後日その話になった時

恥ずかしーねー!って笑ってくれて、

あ、前に進むっていうのは

きっとこういうことなんだ!

ってちょっと感動したりなんかして。

 

他にすごく覚えているのは

本震の後、車中で迎えた朝です。

一番絶望が深かった時間。

非現実的な光景と暗闇、

パトカーのサイレンと

ずっと上空でうるさいヘリの音。

 

絶え間なく揺れ続ける恐怖は

まるで地球がすごく怒ってて

まだまだ終わりじゃないぞ!って感じで

一分一分がそれはもう何時間かの様に

果てしなく長く感じました。

 

そんな中、少しでも情報を得ようと

Twitterを開いていたのですが、

フォロワーの皆様に本当に励まされました。

特にそれでも世界が続くならの

しのさんから貰った沢山のメッセージは

何度も何度も読み返しては泣いて

救われたって言葉じゃ足りないくらい

その時の私を守ってくれました。

大袈裟かな?(笑)

 

しのさんは「何も出来ない」って

すごく悔しそうだったけど、

何も出来ないとかそんなことない。

繋がってるだけで充分だった。

私は臆病だから、そんな時現地の人に

メッセージを送ったりなんて

きっと出来ないって思います。

しのさんは本当に優しくて強い人。

音楽でも言葉でも、

もう何度救われたか分からないけど

だけどこの日だけは特別だった。

 

ちなみにさっきの

繋がってるだけで充分だった

っていう想いですが、

これって地震関係なく

絶望の淵にいる人の大半が

きっと同じなんじゃないかなって

あの日以降そう思うようになりました。

分かんないけどね。

あくまで個人の主観です。(笑)

いつか誰かに返せたらいいな。

 

でね、だけどね、長い夜が明けて

光が射し始めて朝になると

ものすごく安心できたんです。

あぁ、やっと夜が終わった。って。

あの日ぼろぼろ泣きながら見た朝日は

多分一生忘れないと思います。

 

しのさんがくれた、

大丈夫 終わらないことなんてない

って言葉が表現するのにちょうどかな。

 

それ以外は物資集めに駆け回ったり、

お風呂にはいるために

車で三時間も費やしたり、

何かもうばたばたしてたので

あまりちゃんとは覚えてません。

それどころかお母さんがあれもこれも

笑い話に変えてしまうから

何かだか少しだけ、少しだけだけど

貴重な体験をした感覚すらあります。

不謹慎かなぁ。(苦笑)

 

結局私なんて数日後には東京に帰って

何不自由ない生活を送ったりしてたから

その後の本当の苦労を知りません。

ただ直接的に被災した経験があるだけ。

 

だけど、そんな私ですら

私を取り巻く環境は

一年で大きく変わりました。

 

理由は割愛しますが、結婚は延期。

延期どころか遠距離になりました。

月に一回会えるかどうかですが

まぁ仲良くはやってます、多分w

 

私は東京から熊本支援はじめました。

非力だけどね。蟻んこくらいの支援。

それでも、

それももうすぐ一年かぁなんて思うと、

何だかちょっと感慨深いものがあります。

ちゃんと続いてるってことがね。

 

あと地方の公共のデザイン関連の

お仕事が一気に増えたのも

今になって思うと地震が機です。

少しでもその経験を活かせたらって

インテリアと災害の関係性について

嫌でも意識するようになりました。

3.11の時はまだ学生だったからね。

 

熊本にたくさんお友達もできました。

あとどうでもいい話ですが

ゲーマーになりました。←関係ないw

 

 

 

冒頭で感情が乱れたと書きましたが

おかしくなった訳ではないし

落ち込んでる訳でもない。

厨二ネガティブも発動してません。

 

この日記は一年間のメモです。

私から私への手紙です。

だからまぁ、ふーん。くらいの感じで

読み流してくれたらと思います。

 

 

 

最後にひとつだけ。

ほとんど報道されてないみたいだけど

ここ数日また熊本で

何度も地震が発生してるって。

怖いね。

みんな忘れかかってると思うけど

身の回りの防災グッズ、

もう一回ちゃんとチェックしてね。

 

 

 

新幹線はいま徳山あたり。

あと二時間くらいで熊本だー。

 


f:id:yukihaaka:20170414180429j:image

広告を非表示にする

サクラオファー④ サクラオファー

f:id:yukihaaka:20170412232503j:image

 

今年もお花見はこれで最後かなー。

 

だなー。

 

ねー。寂しいよねー。

 

いやいやいやいやwww

お前さ、もうすぐ紫陽花がどうとか

夏になったら向日葵がどうの

秋になったら紅葉がどうの

冬には雪…

 

最後の玉子焼き食べません?

 

あ、食べる。

 

平和ですねー。

 

平和だなー。くっそつまんない。

 

人生なんて退屈の集積ですよ。

 

うわーなにそれ。最悪じゃんw

 

そんなことないよ。

退屈は平和で穏やかなんだよ。

 

まぁそれは分かるけど…。

 

ちょっとごめんね。

 

またゲームすんの?

ほんと50年以上もよく飽きないよな…。

 

ううん、とっくに飽きてるよ。

なんだろね、習慣かな?

 

その運営会社潰れてんだろ?

なんでゲームできるの?

 

なんでだろうね…。

詳しいことはよく分かんないけど

ゲームはできるの。

更新はされないけどね。

 

それやってて面白い?

 

面白くない。(笑)

まだ続けてるの多分だけど

地球上でわたしだけだと思う。

 

切ないねー。

 

いやほんとそう。切ない。

昔はTwitterなんかと連動させてさ

知らない人たちともさ、

みんなでわいわいやってたんだよ。

 

Twitterも潰れて40年くらいだっけか。

 

うん、みんな元気かなぁ。

 

みんなって、その当時のみんななら

もう70~90歳ってとこだろ?

元気じゃないだろー。(笑)

 

だってわたしは元気だもん。

 

まぁそうだけどな。

 

この運営会社が潰れる直前にね、

サクラオファーっていうのが始まったの。

今までのキャラ全員のMRがね、

一斉に登場!みたいな一大イベント!

 

運営切羽詰まってんなー。(笑)

 

まぁ今になって思うとね。

でね、わたしは推しキャラだった

レナちゃんって子のね

MRを一目見たくて続けてる訳です。

 

課金してんの?

 

ううん、課金はもうできない。

でも誰かが持ってるかもしれないでしょ?

だから延々ガルバトしてるの。

 

ガルバトが何かよく分かんないけど。

で、50年以上やって出会えてない、と。

 

うーん。

Twitterでは全員のMRなんて

運営の嘘だったんじゃないかって。

 

どうなんだろなー。

 

どうなんだろ、分からない。

みんなとも連絡とれないし。

 

まぁ50年以上続けて出会えないなら

嘘だって考える方が普通だな。

 

そうだろうけどね。

嘘だったとしてもね、

嘘でした!って断言されない限り

わたしの中では嘘にならないのよ。

 

頑固だねー。(笑)

 

頑固って言うかさ、

信じる方が楽なことだってあるじゃん?

 

いやそれむしろ逆だろー。

信じ続ける方が疲れるから。

 

そうかなー。

わたしは疑う方がつらいよ?

 

世の中嘘ばっかりだからな。

お前も少しは疑っていきないと

今に痛い目みることになるぞ。

 

世の中がそうなら尚更だよ。

悪意をもって傷付けてくる嘘以外、

全部信じられたらすごく素敵じゃん。

 

平和ボケしてんなー。

 

だって平和ですもの。

 

平和ボケしてるばあさんなんて

詐欺師から見れば鴨ネギだからな。

ちょっとは気を付けろよ。

 

あ、そう言えば昨日の夕方

俺俺さんから電話きた。(笑)

 

はっ?すげえ懐かしい!

まだそんなことやってる奴いるの!?

で、振り込んだりしてないよな?

 

うん、もちろん。

でも何故か盛り上がっちゃって

一時間以上話し込んじゃった。(笑)

 

そいつ詐欺の才能ゼロだろ…。

 

みんなきっと寂しいんだよ。(笑)

さ、そろそろ帰ろ。

今夜もお魚でいいですか?

 

魚…。

カレー食べたい、カレー。

 

カレーかぁ。

ニンジンもジャガイモもないもんなぁ。

 

ワシ、カレー、タベタイ。

 

それすっごい懐かしい!(笑)

ウケる!もう一回やって!(笑)

 

 

サクラオファー③ にゃー

f:id:yukihaaka:20170412224426j:image

 

にゃー

 

にゃにゃにゃにゃあにゃーにゃー

にゃにゃにゃにゃにゃ

 

にゃあ?

にゃあにゃあ!

にゃにゃにゃにゃにゃw

 

にゃにゃにゃーにゃ

 

にゃあ、にゃにゃにゃにゃにゃにゃ

にゃーにゃーにゃにゃにゃ

 

にゃにゃにゃにゃ…

くちゅん!

 

にゃにゃにゃにゃにゃあ(涙)

にゃあー

 

 

サクラオファー② 葉桜

f:id:yukihaaka:20170411234030j:image

 

あー!ほら見て緑がちらほら!

 

今年もあっという間に散りそうだな。

俺今年全然花見してないのに。

 

でもさ、葉桜もすごいよくない?

 

あー、そうだね。よく分かんない。

 

何かさ、次を感じるわけ!

そりゃ少し寂しいけどさ、

おっ!もう来年の準備に入ったんだね!

みたいな感じ?

 

あー、そうだね。全然分かんない。

 

なにその適当な感じ…

それにさ、コントラストもすごく綺麗!

 

なんでかなぁ、言ってること

俺には全然分かんないなぁ。

 

あー、それはあれだね。

キミの心が既にもう枯れてるんだね…。

 

あ、みつくんからLINEきた。

 

聞いてないし…

 

お!今夜の飲み会よしこも来るって!

ひさびさだなぁ。

ほらやっぱ一緒に行こうよ!

 

いい、パス。

 

気分じゃない?

 

うん、気分じゃない。

 

みんな結婚してからさ、

なかなか集まれないじゃん。

こんな時くらい顔出そうぜ?

 

みんな結婚してるから

行きたくないんですけど。

 

めんどくさい奴だなぁほんと。

じゃあ結婚してください。

 

じゃあって何よ。

嫌だ、パス。

 

はぁ…。

俺は一体どうしたらいいんだろね。

 

どうもしなくていい。

二人で決めたことだし。

 

そう、二人で決めたことだ。

 

うん…。

 

うわ、俺すげえ靴べちゃべちゃ。

そろそろ部屋帰ろうか。

 

そだね、帰ろう。

今年のお花見もうおしまい。

 

ねえ、桜の下に立ちなよ。

写真撮ってやるから。

 

いいよスッピンだし。

 

なんだよいいじゃん別に。

それに君はスッピンでも綺麗だよ。

 

いま背中がぞぞぞーってしました。

 

桜なんかより君の方が綺麗だよ。

 

もういいからそれ。(笑)

写真も撮りません。

 

ほんっと写真撮らせてくれないよね。

おかげで俺は盗撮技術上昇中…。

 

は?盗撮ってなに!?

なにそれキモい!

 

うそうそ。(笑)

ボクハキミガイヤガルコト、シナイ。

 

まだロボットの練習やってんの?(笑)

 

そうだ、今日の飲み会で披露しよう!

バカウケ必至!

 

それほんと気を付けた方がいいよ。

多分ロボットで笑うのわたしだけだよ。

 

キミガワラッテクレルナラ

ボク、ロボット、レンシュウ、ガンバル。

 

頭おかしくなったって思われても

わたしのせいにしないでよね。(笑)

 

ねぇ、笑うと言えばさ、

モデルのバイトやめたのって

やっぱうまく笑えないの気にしてるの?

 

うん…それもあるし…色々。

 

ふーん。

 

色々だよ。

 

そっか。

 

うん。

 

まぁ、あれだよ。

笑いたくないなら

無理して笑う必要ない。

笑いたいときだけ笑えばいい。

 

うん、ありがと。

 

おう!俺も自然な笑顔残せるように

もっと盗撮技術磨かないと!

 

はぁ!?

やっぱ撮ってるんじゃん!

 

ボク、ヨクワカラナイ。

 

今後盗撮一切禁止です。

あと撮ったの全部消してね。

 

フォルダーハアタマメモリーノナカナノデ

ショウキョスルコトハデキマセン。

 

もう訳分かんない。(笑)

 

ねぇ、やっぱり結婚しよう。

 

うーん、パス。

 

がー!まじかー!

今の101回目のプロポーズだよ!

 

嘘だよ、36回目だもん。

 

え…数えてたの?

 

ううん、てきとー。(笑)

 

てきとーかよ。(笑)

俺たちさ、そこら辺の新婚なんかより

多分ずっと幸せだと思わない?

 

どうだろうねー。

 

だからさ、やっぱ一緒に飲み会行こう!

 

言うと思った。(笑)

パス。

それに今夜からまたイベント始まるし。

 

まだそのゲームやってんの!?

 

キミが全然かまってくれないからねー。

仕方ないよねー。

 

あ、みつくんからLINEきた。

 

みつくんタイミング神だね。

 

あ、今夜集合8時になった。

 

そう。

 

あのさ… 

夏になったらまたどっか行こっか。

 

うん!いいね!行きたい!

ハワイ行きたい!

 

もうちょっと近場でお願いします…。

 

ハワイー♪ハワイー♪

 

結婚してくれるなら連れてくけど?

 

えぇっ!?

うわー迷うー。

 

迷うのかよ。(笑)

 

行く。

 

え?

 

やっぱなんでもなーい。(笑)

 

 

サクラオファー① SKR48

f:id:yukihaaka:20170412200556j:image

 

この季節が憂鬱で仕方ない。

 

ライトアップされて美しく輝いてるのは

ほんと一握りのセンターの子たちだけ。

私みたいに何の魅力もない普通の桜は

きっと誰の視界にもはいってない。

ただ通り過ぎられるだけの存在。

ただの景色。

センターの子たちをより彩るだけの

飾りのような、そんな存在。

 

私はまだいい方だよ。

隣の子なんてさ、

足元にゴミ箱設置されたからね。

仕方ないねー

なんて苦笑いしてたけどさ。

私なら耐えられないよ。

 

今日私をちゃんと見てくれたのは

カップル一組だけだった。

何か結婚するとかしないとか。

幸せそうな感じもしたし

そうじゃない感じもした。

まぁ、どうでもいいけど…。

 

センターの子たちが

たくさん努力してるのは知ってる。

光合成とかすごいやってるし

虫やら菌やらともよく戦ってる。

それに比べて私ときたら

一日中ぼんやりしてるだけだし

嫉妬する方が筋違いだ。

 

昔あるおばあちゃん桜が

切り倒される直前に

こっそり教えてくれた言葉がある。

 

置かれた場所で咲きなさい。

 

人間の名言なんだって。

意味は…

ちゃんとは分からないけど

多分そのまんまの意味だと思う。

そこで精一杯咲きなさい!

みたいなことなんじゃないかな。

 

でも、私はそれを怠っている。

楽な方に流れてただ漠然と生きている。

だってさ、頑張ったって仕方ないもん。

こんな隅っこに植えられて

どんなに綺麗に咲いたって

誰もちゃんと見てくれる訳がない。

 

まぁいいや。

ほんとこんなのただの嫉妬でしかない。

私は私なりにぼちぼちやるよ。

そう言えば今日のカップルが

「笑いたいときだけ笑えばいい」

みたいなこと言ってた。

明日、ちょっとだけ頑張ってみようかな。

一年に一回くらいは

そんな日があっていいのかも。

 

そうだ!

明日もし私のとこにカップルがきたら

花びらシャワープレゼントしてやろう。

あれ人間たち喜ぶんだよねー。

どうせ放っといたって散るのなら

自ら派手にいってやりますか!