読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き虫てんぐの3倍パンチ

誰のことも傷つけない透明人間になりたい

約束の時間

 

ほら、約束の時間だよ!

急いで急いで!

 

え?何がって…?

覚えていないのかい?

キミが生まれる前に交わした

あの約束のことだよ?

 

呆れた…。

キミは生まれてから今まで

一体何をしてきたんだい?

今日の日のために

生まれてきたようなものじゃないか!

 

はぁ、もういいや…。

勝手にしなよ、約束はナシだ。

キミには心底失望した。

阿呆みたいな顔してると思ってたけど

どうやら本物の阿呆だったか。

 

あれ?でもちょっと待って…

キミがあの約束を忘れてて

それを果たすつもりがないのなら

キミはこれから一体どうやって

生きていくつもりなんだい?

 

生きる理由?

いやはや、生きる理由とか…

そんな陳腐な話をしてるんじゃないよ。

生きることに理由なんてない。

そうじゃなくてさ、もっとこう

何て言うかさ、根本的に

そもそも生きていけるのかい?

ってことなんだけど…

 

まぁいいや。

もう好きに生きなよ。

こっちも暇じゃないしさ、

今日はもう帰ることにする。

 

またくるよ。

約束を失ったキミのこれからに

正直全く興味がない訳じゃないし。

キミがこれから何を見て

何を聞いて、何を食べて

何に触れて、何を考えて

何を夢みて、何に絶望して

誰を愛して、死んでいくのか、

暇潰し程度に覗きにくるからさ。

色々聞かせておくれよ。

 

そう考えると少し楽しみだね。

空っぽのキミが空っぽなりに

どう生きていくのかさ。

どうせ空っぽの阿呆ならさ、

折角だからめちゃくちゃやってよ。

もう守る約束もないことだし。

 

じゃあね、そろそろ行くから。

あ、最後にひとつ聞いてもいい?

 

生まれてくる前のことなんだけど

ほんとに何も覚えてないの?

 

 

広告を非表示にする